ホーム >ペニス解剖学

ペニス解剖学

効率的なペニス増大トレーニングを行うためには、 ペニスの構造を理解してすることが重要です。

まずはペニスのサイズを決定する3つ組織を理解してください。


ペニスのサイズを決定する組織


① 海綿体
実にペニスの面積の70%以上を占めるのが海綿体組織です。

海綿体は合計で3本あり、
上部の2本を「陰茎海綿体」
下部の1本を「尿道海綿体」
と呼びます。

どちらの海綿体もスポンジ状の組織で、
勃起時に流れ込んだ血液を含むと2倍以上に膨張します。

ペニス増大トレーニングによって、
海綿体組織のサイズを大きくするとともに海綿体の組織数を増やすことで、
より多くの血液をペニスに留めておくことが可能になり、その結果として勃起時の
ペニスサイズを増大することが可能になるのです。


② 白膜
海綿体を包んでいる厚さが約1ミリの丈夫な膜が白膜です。
白膜は硬いゴムバンドのような組織です。

勃起時にペニスに流れ込んだ血液は、白膜の膨張限界まで陰茎海綿体内に貯められます。

ペニス増大トレーニングによって白膜の柔軟性を上げることで、
より多くの血液を海綿体にホールドしておくことが可能になり、
その結果として勃起時のペニスサイズ(太さ)を増大することが可能になるのです。


③ 動脈
ペニスに血液を運ぶ血管が陰部動脈です。
背面側を通る2本の陰茎背動脈と、陰茎海綿体の内部を通る2本の陰茎深動脈に分かれます。

せっかくペニス増大トレーニングで、
海綿体組織を大きくし、白膜の柔軟度が高め、ホールドしておける血液のキャパシティが増えても、
ペニスに流れこむ血液の量や勢いが弱ければMAX状態の勃起を形成することは出来ません。

すなわち、
ペニス増大トレーニングの恩恵を最大限に受けるためには、
体内の血流促進も非常に重要であると言えるのです。



各種のペニス断面図 














このページの先頭へ