ホーム >サイズアップの歴史

サイズアップの歴史

人類には
巨大なペニスに対して敬意を払い、
そして自らも逞しいペニスを手に入れるべく奮闘を重ねてきた長い歴史があります。

しかし、
その歴史を振り返ってみると、
科学的な根拠があり安全なペニス増大法を、
ついに人類が手に入れたのは、ほんの数十年前のこと。
実に20世紀の後半になってからです。

そして、
現在のペニス増大の主流となっている、
牽引式ペニス増大器具、電動ペニスポンプ、水圧式ペニスポンプが
登場したのはわずか10数年前、21世紀になってからのことです。

どれほど自分のペニスを増大したくても、
有効な手段がなかった過去の人間から見れば、
我々はなんと幸福な時代に生きているのでしょうか!


紀元前2000年頃 マヤ文明

この頃のマヤ文明の遺跡からは、たくましく勃起した巨大ペニスを持つ祭祀や神々の像が多数の寺院に飾られているのが発見されています

紀元前1200年頃 古代エジプト

壁画の多くに、創造神ゲブがその巨大なペニスを誇らしげに大空に向けている姿が描かれています。

この頃には、王族やファラオの一部がペニスに重りを付けて長さの増大を行っていたという記録がのこっています。

一方アフリカでも粘土で作った重りをペニスにぶら下げてペニスの長さの増大を行う多数の部族で広まり、一部の部族では今日までその風趣が受け継がれています。


紀元前440年頃 東ヨーロッパ

東ヨーロッパ諸国で発見された洞窟壁画には、大きなペニスを持つ王や貴族達が町を支配している様子が描かれています。



西暦300年頃 ローマ帝国


壁画の多くには、無数のペニスを持つ生殖の神プリアプスの姿が描かれています。



西暦500年頃 アフリカ


アフリカの諸部族ではオモリをつけてペニスにぶら下げる増大が盛んに行われるようになります。



西暦1000年頃 アラブ諸国

アラブの部族でジェルキング(ペニス増大エクササイズ)が広まったのがこの時期です。
現代に至るまでジェルキングの伝授は父から子供に授けられており、諸国アラブ諸国において、男子が成人として認められるための必修科目とされています。

西暦1400年頃 ヨーロッパ


ルネサンス時代のヨーロッパでは、股間を保護する目的の コッドピース(股あて)が登場。
やがて股間を強調するためのアクセサリーとして人気を集めるようになります。

西暦1500年頃 アジア

アジアでは中国を中心に漢方によるペニスの健康促進、増大の研究が盛んに行われるようになります。
この頃までにヨヒンベ、ホーニーゴートウィード、ジンセンなど、現在のペニス増大サプリに含まれる植物は発見、利用されていたようです。
後に漢方による性欲促進とペニス増大への探究心は、最終的に動物のペニスや睾丸を摂取するところまで行き着いています。



1911年 世界初のペニスポンプ

オーストリアの医師・発明家Otto Ledeverによって世界最初のペニス・ポンプが発明されたとされていますが、
詳しい資料は残っていませんが、鉄製で装着感が悪く、取り扱いも困難だったようです。




1959年

フレディ・セル考案によるペニスポンプ「エレクター」が登場。
現在市販されているペニスポンプの原型となった。



1970年代

イギリス人医師ブライアン・リチャーズが行ったジェルキングのリサーチによって
被験者の87%以上にサイズアップ効果があったことが正式に学会にて発表される。


1980年代 美容整形ブーム

ペニス増大手術がアメリカを中心にして高まる。
当時の代表的な手術方法は以下の3つ:
・Penile injection
人体細胞をペニスに移植する方法。

・Ligament cutting
ペニスの体内に埋もれた部分を靭帯切断により引き出す方法。

・Inflatable implants
海綿体細胞をペニスに移植する方法


1990年代

増大サプリメントが登場。男の潜在的なニーズを掘り起こし大ブームになるも、効果は懐疑的。



1990年 電動ペニスポンプの登場



1994年 ジェスエクステンダーの販売開始

デンマークで世界初の牽引式ペニス増大器具「ジェスエクステンダー」が販売が開始。


1999年 アンドロペニスの販売開始

スペインにて「アンドロペニス」の販売が開始。


2005年 パワージェイジムの販売開始

ジェルク専用ローラーの「パワージェイジム」の販売が開始されました。
2010年からは、様々な改良が施された「パワージェイジム2」として販売が開始。

2006年 バスメイトの販売開始

イギリスにて世界初の水圧式ペニス増大ポンプとして 「バスメイト」の販売が開始。


2008年 メイルエッジの販売開始

ジェスエクステンダーの開発メーカーにより、次世代型のペニス牽引器具として 「メイルエッジ」の販売が開始。

2010年 ハイドロマックスの販売開始

バスメイトの開発メーカーにより、次世代型の水圧式ペニス増大ポンプ 「ハイドロマックス」の販売が開始。

2012年 ハイドロマックスExtremeの販売開始









このページの先頭へ