商品名

パワージェイジム

販売価格
14,800

カートに入れる

パワージェイジムとは

無理せず自然なペニス増大を目指すならコレ

パワージェイジムは、アラブ諸国では古くから行われている「ジェルク」(ペニス増大運動)
を効率的に行うために開発されたペニス増大専用のローラーです。



ジェルク(ペニス増大運動)を実践する際、
両手だけでは難しい箇所の刺激や動作が簡単に行えるようになります。

ペニスに大きな負荷を加える増大ポンプや牽引機具とは異なり、
負荷が少ないパワージェイジムは、より自然でナチュラルなペニス増大が行えます。


こんな人にオススメです

ペニス全体を、くまなくボリュームUPしたい方にオススメです

増大ポンプや牽引機具に比べてペニスへの負荷が少ない
パワージェイジムは効果が現れるのに時間が必要ですが、
ペニス全体を無理のないペースでボリュームUPすることが可能です。

パワージェイジムは
ゆったりとしたペースで、
ペニスに多大な負荷をかけることなく
よりナチュラルにペニス増大を望む方にオススメします。


パワージェイジムの増大原理

伝統的なペニス増大エクササイズである「ジェルク」を応用


パワーパワージェイジムの増大原理は「ジェルク」(ペニス増大運動)にもとづいています。

ジェルクとはアラブ諸国で過去1000年以上も実践されきたペニス増大運動です。

基本的にジェルクは自分の両手でペニスをストレッチすることで行います。

ジェルクのストレッチには様々なバリエーションがあり、
亀頭の先端からサオの根本まで、ペニスの隅々まで刺激します。

ジェルクの実践にパワージェイジムを使用することで、
両手だけでは難しい箇所の刺激や、ストレッチ動作が簡単に行えるようになります。

ジェルク運動の様々なバリエーション


メカニズム

ジェルクの増大効果をより効率的に得られるためのデザイン

自分の握力とローラーの抵抗値の設定でペニスに加える圧力を調節します。

・グリップ部分
ペニスに加える圧力は自分の好みで調節が可能です。


・調節ノブ
上下のローラーは個別に抵抗の調節が可能です。
慣れるまでは抵抗を少なく、慣れたら抵抗を高めにするなど、各自のコンディション合わせた設定ができます。


・ローラー部分
特殊なスポンジ素材でペニスにフィットします。お手入れは水洗いするだけ。耐久性にも優れています。


使用方法

基本動作


手順 1
入浴やシャワー、もしくは温かいおしぼりでペニスの血行を促進させます。

手順 2
ペニスの血流が高まったら、ペニス全体を軽くほぐす様にマッサージします。

手順 3
ローラーをペニスの根本にセットしたら、ハンドルを握りペニスを圧迫します。

手順 4
ローラーでペニスを圧迫した状態で、亀頭に向けてゆっくりとローリングさせます。

手順 5
ローラーが亀頭の手前まできたらスロップしてください。亀頭はローリング動作を施しません。

手順 6
再度、ローラーをペニスの根本に戻して同じ動作を繰り返します。

目安
上記の動作を1セットとし、5分間に150〜200セット行うことを目安にしてください。

ジェルク、ジェルキングの動作には様々なバリエーションがありますので、興味のある方はコチラのページを参考にしてください。


ペニス増大効果

ペニス全体のボリュームアップ効果が期待できます

長さの増大効果:
1~3ヶ月の使用で1.3cm
3~6ヶ月使用で2cm
6~12ヶ月使用で2.8cm
12ヶ月~使用で3.7cm

太さの増大効果:
1~3ヶ月の使用で1.3cm
3~6ヶ月使用で2cm
6~12ヶ月使用で2.8cm
12ヶ月~使用で3.2cm


器具を使用するジェルキングの利点

ジェルク、ジェルキングは素手で行うこともできますが、パワージェイジムを使うことで、より効率的にトレーニングを行うことが可能となります。




アドバイス

・ローラーを動かす方向は「ペニスの根本→亀頭の根本」が基本です
竿の根本から亀頭の先端まで血液を運ぶことジェルキングの基本です。その逆の動作を行うと、効果が半減してしまいます。


・毎日する必要はありません
毎日のエクササイズは逆効果です。ペニスの細胞や筋肉が成長するには休息、回復の時間も必要です。1回のエクササイズで150回程度のローリング動作を行うのが効率的です。


・半勃起状態で行いましょう
60%くらいの勃起させた状態でエクササイズするのが最も効果敵です。完全に勃起した状態だと血管や細胞を傷つける危険性があります。


商品画像・スペック





種類: ペニス増大ローラー

増大効果: 亀頭、ペニス全体

販売開始: 2006年

メーカー: Jelqgym社

生産国: コロンビア

この商品を見た人は、こんな商品もチェックしています

このページの先頭へ